人間関係の煩わしさ

ale_04

私は薬局の薬剤師として働いていますが、職場の人間関係がうまく行かず悩んでいました。

いずれは独立したいという希望もあるのですが、自分で薬局を持つにはまだ経験が足りません。

仕事は続けたいもののの、悩ましい人間関係から解放されたいと考え、もっと気持ちよくキャリアが積める職場への転職をしようと思い立ちました。

転職支援会社に登録し、人間関係で悩んでいることを正直に話してみました。

登録の際に簡単な能力テストと、性格診断のようなテストが実施されたのですが、担当者の方がそれをチェックしながら、あなたにピッタリのところを探しますと言ってくれたのです。

紹介されたのは人材を即日で募集している、大手のディスカウントストアの求人でした。

24時間営業のお店で医薬品の販売を始めたそうですが、薬剤師がいない時間は販売ができないのだとか。

現在3人の薬剤師がいるそうですが、週に2回程度の勤務の人もいて、早急に人材を確保したいとの話だったのです。

担当者が勧めた理由は、基本的に1人の勤務となり、薬売場のみを担当すればよく、面倒な人間関係は一切ないこと、他の物品を販売する必要もなく医薬品販売に集中できるので、自分の知識やスキルを徹底的に活かせるというものです。

面接するとすんなり採用が決まり、夜勤手当がつくこともあり、夜勤3日と日勤2日のフルタイム勤務をすることにしました。

専門職と言うこともあり、仕事中は他のスタッフの方が尊重してくれますし、お客さんから薬の選び方で頼ってもらえるので、やりがいを感じています。

2度の転職経験がありますがいずれも失敗した理由

ale_02

失敗の原因を考えてみると、完全なるミスマッチにありました。

面接したときの条件と、入職後の現実が違うというギャップによる不満が多かったです。

当時は自分一人で転職活動していたので、得られる情報も限られていました。

わからない部分はポジティブに解釈していたのですが、それがいけなかったようです。

休日が少ない、残業が多いわりに給料が安い、といった不満は入職前は予測できなかったものです。

そのような失敗があってからは、薬剤師求人サイトで仕事探しをするようにしています。

アドバイザーと呼ばれる相談スタッフは、職場交渉もしてくれるのです。

私の代わりに条件交渉を何度もして、不明点について確認してくれます。

それを何度も繰り返すことでミスマッチをなくしていくのです。

当初は自分で求人を探して、いいのが見つかったら応募する流れでしたが、この方法ではうまくいかなかったので、アドバイザーに紹介してもらうことにしました。

私の性格やスキルを考慮して、さらに希望条件に合った職場を探してくれたのです。

現在、アドバイザーが探してくれた職場で働いていますが、以前の職場での不満はすべて解消されました。

給与も年収50万円アップして、やりがいも大きくなりました。

今まで給与には大きなこだわりはありませんでしたが、いざ年収がアップするとモチベーションが違います。

仕事において、お金の問題は切り離せないことだと思います。

製薬会社のお客様相談室に転職

ale_00

私は薬科大時代から、製薬会社で研究開発など第一線の仕事がしたいなと思っていました。

ですが能力が足りず、就職活動は上手くいかず、希望していた製薬会社は全滅でした。

最終的にはようやく内定をもらえた、地域の調剤薬局で調剤の仕事に就くことになったのです。

4年ほど経験を積んで、後輩にも指導できるだけの能力や経験も身についています。

仕事に自信も持て、充実はしているのですが、未だに製薬会社への憧れがあります。

そこで、いちかばちか転職の面接だけでも受けてみようと思いました。

これでダメならきっぱりあきらめて、今の仕事に邁進しようと思ったのです。

薬剤師の専門転職サイトに登録して、コーディネーターの方と面談の機会を持ちました。

その際に、製薬会社の研究開発部門は大学院で博士などを取っているか、他社での研究経験などもないと中途での採用は難しいと言われ、少し落ち込みました。

もっとも、研究開発にこだわらないのであれば、製薬会社での中途採用は可能と言われたのです。

MRなどの営業職は自分には合わないと思っていたので、営業はできませんと言ったところ、お客様相談室ではどうかと言われました。

一般ユーザーやドラッグストアの薬剤師などから、製品の使い方や副作用などに関して問い合わせる窓口があり、そこでオペレーターを募集していると言うのです。

派遣で働いている人も多いものの、今回は正社員での募集なので最高のタイミングと言われ応募を決意しました。

転職サイトに相談しなければ、こんな求人は見つからなかったでしょうし、内定をもらえることもなかったと感謝しています。

未経験でも薬剤師になる方法

ale_01

私は大学で薬剤師になるための勉学をして国家資格を取得しましたが、最初は全く別の業界で就職をしました。

いろいろな経験をしてみたいと思い別の業界に就職をしましたが、やはり途中から資格を活かして患者さんのために働きたいと思ったのです。

そして勤めていた会社を退社し、メディア関係の転職に強い人材紹介会社に登録をしました。

一社だけではなく何社が同時に登録をして、一番働きたいと感じる企業に応募したいと考えました。

やはり自分の力を活かしたいと張り切りましたが、まだ未経験のため条件に見合った企業が見つからずに困っていたら、インターネットの転職支援サイトに出会いました。

一人専任のキャリアコンサルタントがついて、条件に見合った求人を紹介してくれる素晴らしいサイトになります。

登録をした決め手はホームページに書いていた、未経験というカテゴリーです。

資格を持っていてもまだ未経験という場合は、お薬の管理や調剤、そして患者さんへの受け付けや対応方向など、実際に現場で研修しながら働けるという内容です。

患者さんの命を預かり健康を一緒にサポートする薬剤師にとって、どれも欠かせない業務内容になります。

これらが一から学べれば未経験でも安心して頑張れますし、なおかつお給料も良くて好条件です。

面接後や採用後のフォローもしっかりしていて、すごく安心します。

転職支援サイトに出会ったことで、薬剤師として活き活きとやりがいを持って仕事が出来ています。